風俗 送迎ドライバーのバイト

便利な風俗「出張(デリバリー)」

driver.jpg

出張型風俗店はご存知ですか?
店舗内でサービスを行う風俗店が軒並み規制で新規出店できなくなった際に新たな業態として爆発的に増えた風俗業種です。
その特徴はまさに逆転の発想。
サービスを行う女の子が自分が待つラブホテルや自宅へ来てくれること。
店舗は周りの目があるから恥ずかしい、また近くにお店が無くて不便、という男性の不満を解消したすばらしいサービスです。
デリバリーヘルス、デリヘルなどと呼ばれています。

風俗嬢を安全に送り届ける仕事

この出張型風俗店では女の子が一人でお客の元へ行くわけではありません。
お店には男性の送迎ドライバーがいて、彼らが女の子送り届ける役割を担います。
車を運転するのでもちろん自動車免許が必要ですが、未経験でも簡単に始められます。
人を乗せて運ぶ仕事ですが、タクシーのように2種免許などは必要ありません。
通常の運転免許で働けます。
風俗系のバイトはあまり人にばれたくないものですが、送迎ドライバーは店の中で仕事をするわけでなく、車の中にいることがほとんどなので人目にも付かず働けます。

送迎ドライバーの仕事の流れ

  • 1、事務所や自宅などで待機
  • 2、受付スタッフからの支持を受けて女の子を迎えに行く
  • 3、指定された家、もしくはラブホテルに向かう
  • 4、お客が支払ったお金を一時預かる※お金の管理は店によって異なります
  • 5、次の送迎がある場合はそちらへ向かう、なければ現場待機
  • 6、事務所へ戻って預かっていたお金を渡す、給料を受け取る(日払いの場合)
  • 7、仕事を終えた女の子を自宅まで送り届ける

大まかにはこんな感じです。
仕事終わりの女の子の送迎はデリヘル以外の風俗店や水商売系の店舗でも行われます。
専属のドライバーがいる場合もありますが、受付スタッフなどが兼務して行うことが多いです。
デリバリーヘルスは唯一深夜営業が可能な風俗業種であるためドライバーの仕事も深夜まであります。
ですので本業が終わった夕方~深夜まで副業として働くことも可能です。

送迎ドライバー求人をチェック

この記事へのコメント