風俗系裏バイトの3K事情について

風俗業界での仕事は大変?

3Kの仕事

風俗業界で働くことに踏ん切りがつかないのはやはりいくつもの不安があるからでしょう。
その中でもよく言われるのが、いわゆる「3K」な職場の代表格だから。
いま一度この問題を取り上げてみましょう。

3Kとは

まずはそもそもの用語「3K」についてまとめました。
就職・転職業界で使われる言葉で、アルファベット表記で最初にKがつく条件のことです。
きつい(kitui)
汚い(kitanai)
危険(kiken)

3つ揃ったら相当のブラック企業。
人によっては1つだけでも該当したら就業希望先から外すほどです。

風俗業界の仕事はきつい?

仕事のきつさは人によってとらえ方は様々です。
また、客観的に比較できるような数値で表すこともできません。
そのため、ここでは風俗業界の仕事が肉体的・精神的にどんなきついことがあるか考えて行きましょう。

肉体的にきつい仕事

肉体的疲労

まず思いつくのが長時間労働
正直に言って8時間でキレイに終わることは少ないです。
多少の残業については覚悟が必要です。
また、店舗によっては24時間営業している場合があります。
さすがに24時間ぶっ通しで仕事はしませんがその半分、12時間くらいの仕事があるかもしれませんので店舗の営業時間と募集している内容の就業時間はチェックをしたほうが良いでしょう。

あとは休憩時間の有無
休憩なしで働かせるほどブラックな風俗店はもうありません。
その代わり、忙しい店の場合や人手が足りない店はまとまった休憩時間が取れない場合はあります。
ちょっと休憩してすぐ仕事、ちょっと休憩してすぐ仕事、です。

とりあえずこの2つが肉体的なきつさとして真っ先にイメージとして浮かんできますね。
でも、よくよく考えてみると何も風俗業界特有のきつさではないことに気付きませんか?
某有名飲食店チェーンでも、某有名広告代理店でも意外とあったりするものです。
どうしても体に負担をかけたくない場合は、最初から短時間の就業を打診してみましょう。
風俗業界でも最近ではスポット的なバイト勤務を奨励している流れがありますので。

精神的にきつい仕事

ストレス

精神的なきつさは特に個人の許容レベルで大きく異なるので判断が難しいですがいくつか考えていきましょう。
まずはクレーム処理
電話の向こうから罵詈雑言が飛んできてののしられる、確かにきついです。
某コールセンターならともかく、風俗店でそこまで怒鳴り込んでくる客はあまりいません。
いい意味で抑止力が働いていますからね(笑)
売上ノルマ
これは店員個人がノルマを持つわけではありません。
店舗全体として目標とする売上に向かって頑張るわけです。
人によってはこういったものも精神的にしんどく感じてしまうと思います。
しかし、これは一般の会社でも当たり前のようにあるものですから風俗業界が特別なわけではありません。
風俗嬢との付き合い
怖いとか恐ろしいとかではなく、気をつかうという話です。
店舗の中での立場は女性陣の方が上です。
わがままな女性も多いですしストレス抱えて機嫌が悪いときもよくあります。
風俗業界での仕事にエロを求めている人はこれで萎えるかも(笑)

風俗業界の仕事は汚い?

風俗業界の仕事は汚い?

風俗店のスタッフが汚い場面に遭遇するとすれば、それは清掃時でしょう。
特に大変なのは店内にサービスを行うスペースがあるファッションヘルス・ソープランドの掃除を担当する場合。
客と風俗嬢がプレイした後なので汚れていることも多々あります。
見知らぬ男性客が発射したアレがありますしゴミもいろいろ。
SM系だと別のものがあるかも…
専属の清掃スタッフや、専属ではないが担当させられる店舗スタッフにとっては「汚い」仕事になるでしょう。

風俗業界の仕事は怖い?

風俗業界の仕事は怖い?

風俗業界で働くのに怖さを感じるのはひとえにヤ○ザの方々の存在でしょう。
実際問題関わっていることが多々あるのですが、正直現場で接客をしたりするスタッフ程度では接触することはまずありません。
完全に裏方、もしくはずっと上に存在しています。
もしかしたら就業先に強面の先輩がいるかもしれませんが、たぶん顔が怖いだけの一般人です。

イメージが強いのかやたら風俗業界ばかりその人たちとの関係性を言われますが、意外と身近な商売にも関わっているのが実情なのです。
お祭りの屋台やパチンコ業界、飲食店や芸能関係もそうです、酒屋とか花屋も実は…なんてことも。
これら全てが、何てことではなく一部のお店のことなのでこちらも深く考える必要はありません。

最終的にはお金の問題

お金

長々と説明しましたが風俗業界はホワイト企業とはいえない環境であることは間違いないでしょう。
最終的にはそれらのマイナス面(人によって大きさは異なりますが)と給料面やハードルの低さ(経験・学歴・職歴関係なし)とのてんびんにかけて判断するしかなさそうです。

風俗業界の仕事は辞められない、なんていわれますがこれは信じなくてOK。
普通に辞めれますので一度体験してみるのもありです。

【PR】
決して楽ではない、それでも風俗業界の仕事を求めるあなたには1000件を超える求人が待っている!
風俗・ナイトワーク系男性求人【全国版】

風俗業界を裏側で支えるバイト

風俗業、華やかな表の裏側では…

風俗スタッフ

風俗業の花形はやはり風俗嬢。
自らの体一つで男性をもてなします。
しかし、彼女たちだけで風俗店の営業ができるかといわれればそれは無理です。
裏側でお客の案内をし、店の宣伝をしている男性スタッフがいればこそ。
繁盛しているお店ならば一般的に高収入な仕事の代名詞である医者、弁護士と同等の稼ぎを手にすることも可能です。
しかも、学歴や資格などは基本的に必要ありません。
現状の給料に不満がある、大金を手に入れたい、仕事がなかなか見つからない…
一度検討してみてはいかがでしょう。

風俗業界で働く

風俗業界、確かに怪しげで怖いイメージがあるのは分かります。
でもそれは一昔前の話。
今のご時世、風俗・水商売系といえどもサービス業の一種。
客を恫喝したりぼったくりなどは長続きしませんしそんな情報はすぐにネットで広まります。
一般業種と同じように接客の質を上げていかないと同業他社に負けてしまうのです。
だからこそ店側も一般から広く従業員を募集して刷新を図っています。
まだまだ業界への偏見やイメージで人が集まりにくいことや、体力的にツライこともあるので給料は高めに設定されていることが多いです。
しかし、実際の仕事内容はそれほど複雑ではなく未経験でもすんなり仕事を覚えられるのです。
店の売り上げとともに給料も上がっていきますのでやりがいもあります。

風俗・水商売系男性スタッフの待遇・福利厚生について

働く上で見逃せない待遇・福利厚生

手当て

風俗業界で働くからと言って職場環境に妥協はしたくないですよね。
より良いお店を見つけるために風俗業界での基本的な待遇や福利厚生についてまとめてみました。

就業時間について

風俗業界というと、朝から晩まで働き通しというイメージがありますがそういったことは減っています。
営業時間の長さにもよりますが、2交代勤務がメインで24時間営業店であれば3交代勤務となります。
大よそ10時間くらいが基本です。
え?8時間じゃないのかって?
さすがにキッチリ定時で終われる風俗店はまだまだ少ないのが現状。
これをブラックととるかどうかは貴方にお任せします。

休日について

キャバクラなどの水商売系を除く性風俗店の場合、年末年始以外は年中無休が基本です。(地方だと週1休みもある)
となると、そこで働くスタッフも休みなし?と思ってしまいがちですが休みはちゃんとありますのでご安心を。
さすがに週休2日は難しいですが1日はちゃんと確保できます。
大手グループともなると、有給が使えることもあります。

手当て

風俗業界では様々な手当て・賞金があります。
よくあるのが「大入り」
お客がたくさん入った日に店長・オーナーから支給されます。
額はそれほど多くはないですが、働く上でのモチベーションアップにはつながりますね。
ガソリン代支給は主にドライバーの仕事にたいしての手当てです。
これがあるとないとでは最終的にもらえる給料がだいぶ違ってきますので重要です。
大手の風俗店ともなると、家庭を持った男性でも安心して働けるように家族手当・子供手当てなどを支給している場合もあります。

保険

保険に関してはやや難しいです。
小規模店舗ではまずないと思っておいて間違いないです。
大手グループの場合は社員勤務となることが多いので社会保険完備していることも増えてきています。