風俗 カメラマンのバイト

風俗嬢を美しく撮る

風俗における商品である風俗嬢を綺麗に撮影するのがカメラマンの仕事です。
店舗型風俗店の場合は店頭で、出張型風俗店(デリヘル)はHPで写真を見て女の子を決めます。
つまり写真の良し悪しがお客さん獲得にとても重要なのです。
一昔前は情報誌が宣伝のメインで撮影も媒体のカメラマンが対応してくれることが多かったですが最近ではHPを持つのが当たり前。
情報をスピーディーに公開・更新したい店にとって専属のカメラマンを持つことは自然な流れです。
大手の店舗となると動画も自社で撮影することがあります。

撮影技術以外に必要なスキル

カメラマンとしての撮影技術は当然必要で、それ以外にも女の子とのコミュニケーションスキルが重要です。 基本的に素人ですし、写真を撮られることに抵抗があるので相手を「のせる」ことが出来ないと良い写真は取れないでしょう。
もう一つ重要なスキルは写真の加工です。
撮影相手はモデルではありませんので、ありのままを写してしまうといろいろと残念な部分が見えてしまいます。
それをphotoshopなどの画像加工ソフトを使って上手くぼかし・ごまかして綺麗に修正するのです。
風俗業界のみならず無修正の画像が掲載されることはほぼありません。
自分の写真にそういった加工を施すことに抵抗がある人には風俗カメラマンはちょっと向いていないでしょう。

カメラマンとして働く上での注意点

カメラマンが仕事中に起こすトラブルで1番多いのは「女性に手を出す」事です。
これは殴るとか暴力的なものではなく、性的な意味合いの方です。
風俗嬢の撮影なので服を脱ぐことが多く、時には全裸になります。
また、撮影中は二人きりの状態になるので感情のコントロールができなくなるカメラマンがまれにいます。
仕事と割り切って取り組まないと下手すれば慰謝料など面倒なことになりかねません。